バリ島 観光 ツアー ロングステイ 銀行 |

資本金0円でバリ島移住・開業(バリ島で暮らす バリ島で起業 バリ島でビザ取得 バリ島で会社設立)

バリ島 銀行

バリ島・インドネシアの銀行種類と口座開設を徹底解説
バリ島で生活するうえで持っておきたいのが、インドネシア・バリ島の銀行口座ですよね。
お金の管理も便利となり、また、金利も高いので一定の金額を預ける場合は確実に増やすこともできます。

急速な経済成長とともに都市開発が進んでいる首都ジャカルタには、多くの日本人が駐在しています。
また、留学生の増加やリタイアメントビザの発給により近年移住先としても注目されているインドネシアは、全体的に在留邦人数は増え続けています。
インドネシアで暮らす場合、現地の銀行に口座を持っていると何かと便利ですが、エージェントを通して口座開設すると手数料が発生するので、自分で口座開設するほうが良いでしょう。
こちらでは、インドネシアの銀行事情や、口座開設の方法などをご紹介していきます。

インドネシアにある銀行の種類

国営・民間を含め、インドネシアには数多くの銀行があります。
その中でも大手の4大銀行と呼ばれる銀行が以下となります。
■ Bank Mandiri(マンディリ銀行、国営)
■ Bank Rakyat Indonesia:通称BRI(インドネシア国民銀行、国営)
■ Bank Central Asia:通称BCA(セントラルアジア銀行、民営)
■ Bank Negara Indonesia:通称BNI(インドネシアネガラ銀行、国営)
上記の銀行は、市場のシェアの40%以上を占めています。

その他
■ 低所得者向け住宅金融やローンがメインの国営銀行:Bank Tabungan Negara:通称BTN(国営貯蓄銀行)
■ 消費者・中小企業向け金融に強い民営銀行:Bank Danamon(ダナモン銀行)
■ マレーシア系の銀行:CIMB NIAGA(CIMBニアガ銀行)、Maybank(メイバンク)
■ 保険にも力を入れており、豪州のANZ銀行と提携している銀行:Panin Bank(パニン銀行)
などがあります。

インドネシアの銀行口座開設の長所

インドネシアでの口座開設する長所は、大きく2つとなります。

1.ATMで手続き可能
一つ目は、インドネシアで生活する上でのさまざまな手続きがATMを通じて簡単にできる、ということです。
インドネシアでは、まだあまり公共料金の自動引き落としが定着していないため、毎月電気代や水道代などを、自分で支払いに行かなければなりません。
支払いは、コンビニや郵便局、水道局などで可能ですが、郵便局や水道局は夕方まで、コンビニも24時間営業の店舗は大都市を除いてあまりないので、日中働いている人は、なかなか払いに行くことが難しいと思います。
しかし、銀行で口座を開設していれば、街中のATMから24時間支払いが可能となるので、日中時間の取れない方も便利に利用できます。
また、ATMからは、携帯電話のPULSAをチャージや、予約した鉄道や飛行機のチケットの支払い等も行えます。
従来のインドネシアのATMは現金は引き出しのみで入金が出来ないことが多かったのですが、最近は入金のできるATMも増えてきています。
そのため、今まで銀行に行って入金していた手間が省け、さらに24時間いつでも入金が可能となるので、とても便利になっています。

2.預金の貯蓄の効率が良い
今日本でも注目されている、インドネシアの定期預金の金利の高さ。
日本では0.1%程度しかつかない利息が、インドネシアでは普通預金でも0.8%ほど、定期預金では5.5%以上つき、預金を確実に増やすことができます。
定期預金というと数年の間引き出せないイメージですが、インドネシアの定期預金は最短で満期が1ヶ月から設定出来るため、抵抗なく始められるでしょう。
銀行口座にある程度まとまったお金がある場合は手続きが簡単なので、ただ口座に眠らせておくよりも断然お得となるためお勧めです。

日本人の口座開設にお勧めの銀行

インドネシアは近年急成長していますが、まだインドネシアルピアへの信用度が低いのが現状です。
そのため、インドネシアの銀行に口座を持つのに不安がある方もいるでしょう。
したがって、インドネシアで銀行口座を開設する場合に日本人にお勧めなのは、リスクの少ない国営銀行です。
なぜ国営銀行かというと、国営銀行にはペイオフという銀行預金保障制度があり、約2000万円まで保障されるため安心なのです。
インドネシアの国営銀行は、マンディリ銀行、BRI、BNI、BTNの4銀行となります。
利率はほぼ差はありませんが、インドネシア国内での支店やATMが圧倒的に多く便利な、マンディリ銀行が特におすすめです。
また、BNIの場合は東京に支店があるため、東京支店からインドネシアに送金や定期預金の受け入れを行っています。
日本とインドネシアを行き来していて、日本からも銀行手続きを行いたい人には、BNIも良いでしょう。
民間の銀行の場合は、BCAが外国人の口座開設が比較的しやすくなっています。
また、Maybankは日系企業などの顧客が多いため、駐在員でも口座を保有している方がいるようです。

マンディリ銀行について・・・金利や口座解説方法

インドネシア最王手の国営銀行マンディリ銀行は、1997年のアジア通貨危機後、4つの銀行が合併して誕生し、2016年現在の支店網は、7か国で2,500以上にのぼります。
マンディリ銀行は2020年までにはASEAN上位3行入りを目指しており、海外での業務拡大にも積極的です。
ASEAN域内で自由に業務ができる「適格ASEAN銀行(QAB)」に新たに認定され、マレーシアでの業務を拡大しています。
大口顧客や個人向けへの銀行サービスの拡充が、今後も期待できます。
170万人が利用するマンディリ銀行独自の電子マネー「Mandiri e-cash」は、LINEを使って携帯電話のPULSAの購入、電気代の支払い、他ユーザーへの送金、オンライン・オフラインでの買い物などの様々な取引が気軽に行えるサービスがあり、若者を中心に使用が拡大しています。

マンディリ銀行の金利
【金利】
2017年8月現在の、普通預金の金利は、
Rp. 0 – < Rp. 1,000,000 : 0.00 %
Rp.50,000,000 – < Rp.500,000,000 : 0.70 %
Rp. 500,000,000 -< Rp. 1,000,000,000 : 1.20 %
>=Rp. 1,000,000,000 : 2.00 %
預ける金額が大きいほど、利率も上がります。

定期預金の金利は、Rp.1,000,000,000までの預金額で、
1ヶ月・・・年利4.25 %
3ヶ月・・・年利5.75 %
6ヶ月・・・年利5.75 %
12ヶ月・・・年利4.75 %
24ヶ月・・・年利4.75 %
となっています。

Rp.1,000,000,000(約840万円)以上ですと、利率は0.25上乗せになります。
12ヵ月以上になると年利が下がってしまうのは、国が安定してくると公定歩合の引き下げが行われるからとのことです。

マンディリ銀行の口座開設方法
マンディリ銀行の口座開設は、外国人の場合はインドネシア居住者限定であり、滞在許可証の「KITAS(暫定居住許可証)」または「KITAP(永久居住許可証)」を所有していることが必須となります。
インドネシア国内のどの支店でも口座を開設することができますが、口座を解約する際は開設した支店でしか手続きすることができないため、転居の予定がある人などは注意が必要となります。
BNIと違い日本に支店はありませんので、口座開設は現地で行う必要があります。
また、日本でもエージェントを通せばインドネシアに行かず10万円弱の手数料で口座を開設可能ということもあるようですが、こちらでは割愛します。

口座開設に必要なもの
・パスポート
・KITASまたはKITAP
・初回入金分の現金50万ルピア(Rp.500,000)以上
・印紙代6千ルピア
など

バリ島やジャカルタのスディルマンエリア、BSDエリアなどの支店では英語が通じることもありますが、その他のエリアではインドネシア語が必要となるでしょう。
自信がない場合は、現地の友人などにサポートしてもらうことをおすすめします。
記入用紙には、インドネシアと英語の記載があるので、辞書も持っていくと安心でしょう。

銀行に入ったら、カスタマーサービス(インドネシアではCS(チェーエス)と呼びます)の順番カードを取って呼ばれるのを待ちます。
銀行は大体いつも大変込み合っているので、開店直後に行くのがおすすめです。お昼前後が一番混みます。
また、月曜日も混むことが多いので、なるべく避けると良いでしょう。
口座を開設したとしても、ATMのカードの発行を申請しないと作成してくれない場合もあるので、忘れずに確認してください。
SMSバンキングやインターネッとバンキングを希望する場合は、手続きしておきましょう。

旅行者の銀行口座開設について

旅行者がマンディリ銀行で口座開設できるか、ということですが、マンディリ銀行では口座開設の際にKITASまたはKITAPが必要となるため、旅行者は開設することができません。
2015年のニュースでは、政府は外国人に対する外貨建て銀行口座の開設手続きの緩和を検討している、ということで、5万ドル以内の預金口座開設であれば、KITASを取得していない観光客でも、パスポートのコピーの提示だけで口座の開設を認め、5万ドル以上の場合は自国の銀行の証明書や、インドネシアの滞在先の居住を証明できる書類などの提示を求める方針、となっていますが、2017年8月現在、この政策は実行されていません。
そのため、今は旅行者は口座開設できない、と思っておくと良いでしょう。

ATM手数料について

全国に、マンディリ銀行のATMは約269,000基以上も設置されています。
ATM手数料については、24時間対応にも関わらず、休日や時間外でも手数料がとられることはありません。
仕事などで日中ATMに行く時間がない方にはうれしいですね。
また、インドネシアには70以上の金融機関が参加する「ATM Bersama」というATMのネットワークがあり、マンディリ銀行のキャッシュカードを使用することが出来ます。 ただしこの場合は、現金の引き出しに4,000ルピア、振込に5,000ルピアの手数料が発生します。
その他、VISA Plusと書いてあるATMでも使用することができますが、引き出しには1回につき手数料が15,000ルピアかかります。

インドネシア国営銀行BNIについて・・・口座開設

インドネシア国営銀行BNIは、観光ビザでインドネシア国営銀行BNIの普通預金口座と定期預金口座を開設できる数少ない銀行です。

インドネシア国営銀行BNI
普通預金の預入金利は2%
定期預金の預入金利は4.75%~
VISAデビットカード付きの暗証番号6桁キャッシュカードが即日発行されます。
日本や世界中のATMで出金が可能です。
カード発行手数料Rp.20,000別途必要です。
毎月の普通預金口座維持費がRp.10,000必要で、不足すると口座が凍結されます。
最低預入金金額:普通預金口座Rp.1,000,000 定期預金口座Rp.10,000,000
1銀行1名につき、2,000,000,000ルピア(約2,000万円)までペイオフで保護されます。

BNI口座開設
観光ビザで、本人名義の口座開設が可能です。
インターネットバンキングも、同時にお申込みが可能となります。
預金通貨は、インドネシアルピア又はUSドルとなり、USドル建ての場合、金利が変わります。
1,000以上の国内支店と5つの海外支店があり、インドネシア国内にも各地にATMを備えています。
また、インターネットバンキング、テレフォンバンキング、モバイルバンキング等のサービスも行っています。

インドネシア国営銀行BNI東京支店
海外拠点の一つとし、て商業銀行業務に従事しています。


まとめ

近年では、スーパーやコンビニなどでもデビッドカードで支払うことができるので、インドネシアの紙幣を大量に持ち歩かなくて良く、また、高い利率で預金が増えていくのも良いですね。
インドネシアの銀行について良い印象がない方もいらっしゃるかもしれませんが、マンディリ銀行は、2008年のサブプライムローンの影響もあまり受けず、上場後も安定した成長を続けている銀行となっており、信用ができる銀行となっています。
上記のことから、インドネシア・バリ島に長期滞在・移住をする場合は、口座を開設することをおすすめします。

お問合せ